ウーマン

たるみが気になるお年ごろ|メス無しだから安心

老化に悩んでいる女性へ

鏡を見る女の人

様々な手法の紹介

たるみ整形には種類があり、その種類について把握しておくことが大切です。まず、メスで切るリフトアップ法ですが、この方法は効果が大きくその効果も持続します。手術跡は額や髪の中に作ることが多く、目立たない場所にメスをいれる場合が多いので安心です。次に、糸で引き上げる方法ですが、こちらも跡が残りづらい手法となります。たるみの程度により皮膚を少し切る場合と、全く切らない場合があり、これは医師が選択することになります。この方法は劇的な変化は出来ませんが、軽い効果が続き、その効果時間は2年程度でしょう。さらに、レーザーなどを使用し、たるみを整形する方法があります。これは、たるんできた肌を引き締めるもので、外側から刺激を与え肌にハリを与えます。こちらも劇的な変化を遂げることはできませんが、軽い効果を期待することは可能です。最後に、ヒアルロン酸などを注入し、肌のたるみを目立たなくさせる方法です。顔がたるんできた部分にヒアルロン酸を注入することで、若返ったように見せることができます。

手術法や先生選びの豆知識

以上、様々なリフトアップの整形方法をご紹介しましたが、メリットやデメリットをきちんと把握しましょう。その中から自分のたるみの程度に合わせた施術方法を選択することがベストです。また、どの程度の効果を望むのか、予算によっても施術方法が変わってきます。自分のなりたい理想や懐事情を考慮してから、病院を訪れると良いでしょう。そして、整形をする際は信頼のおける先生に施術を行ってもらうことも重要となってきます。人柄の良く、説明をきちんとしてくれる先生が信頼のおける先生と言えるでしょう。さらに、施術の実績も大変重要となってきます。施術の実績が多ければ多いほど、様々な患者を治療してきた経験豊富なドクターと言えるのです。顔のたるみをとるだけで、いきいきした表情になり、実年齢よりも若く見せることができます。また、自身に自信が持てるようになるので、積極的に人と出会いたいと思えるようになります。その結果、素敵な出会いに繋がったり、明るい日々を過ごすことができるようになるでしょう。